からあげフランチャイズ開業への道~ただの旅人が立派なからあげ屋になるまで~ » からあげ屋のフランチャイズ経営の基礎知識 » からあげ屋開店のための
許可や届出

公開日: |最終更新日時:

からあげ屋開店のための
許可や届出

ここでは、フランチャイズのからあげ屋を開業するために必要となる「許可」や「届け出」について、ひとつひとつ丁寧に解説しています。開業するならば必ず必要となる手続きばかりなので、ぜひ基礎知識として押さえておきましょう。

フランチャイズのからあげ店を
開店する前に必要な
許可・届け出

開業前に必要となる許可や届け出は、以下に挙げるとおりです。

なお、確実かつスムーズに手続きを進められるよう、あらかじめ、届け出先(警察や保健所、消防署など)に手続き内容や必要書類等についての確認・相談をしておくことをおすすめします。

食品衛生責任者

飲食物の販売を行うには、店舗に1人以上、食品衛生責任者を配置する必要があります。

取得するには、まず各都道府県が実施する講習会を受講しなければなりません。申し込み者が多い場合、締め切りが早まる可能性もあるので早めの確認・手続きを進めましょう。

なお、申請先は保健所です。店舗が完成する10日ほど前までに手続きをするようにしましょう。

飲食店営業許可

店内で飲食できる形態で運営するならば、保健所の承認が必要です。申請には、16,000円~19,000円程度の費用がかかります。準備する書類は以下に挙げるとおりです。

など

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

店内飲食をするケースで、深夜0時以降もお酒を提供するならば、警察に「深夜酒類提供飲食店営業開始届出書」の提出をする必要があります。

防火管理者の選任

建物内において火を扱い、収容人員が30名以上になる場合は、防火管理者を選任する必要があります。

防火対象物使用開始届出書

建物の一部分をテナントとして使用する場合には、消防署に対し、防火対象物使用開始の届出が必要となります。誰が物件を使用し、何の機器を使うのか、といったことを知らせるものです。

移動販売車許可

移動販売を行う場合には、移動販売車そのものについて以下の許可が必要です。

※情報参照元:行政書士法人シグマ
https://sigma-office.jp/inshoku-kaigyo_kyoka/

からあげ屋の開業を目指す
タカシの学び

img01

少し面倒に感じてしまうかもしれないが、開業するなら必ず知っておかなければいけない知識だからしっかり押さえておくぞ!
許可や届出のフォローを親身に行ってくれる会社を選べば、こういった手続きのアドバイスやフォローもしてもらえるから安心だな!

サポート体制が充実した
フランチャイズの
からあげ屋を徹底攻略!

タイトルタイトル

開業の際にマストとなる「物件探し」「運営サポート」をしてくれる、サポート体制の充実したおすすめ3社ピックアップしました。それぞれについて、サポート内容の詳細を分かりやすく一覧表にまとめてみたので、ぜひチェック!

       
店舗名
極からあげ鳥匠
からあげの匠
からあげ専門店 鶏笑
想定月商 350万円 135.1万円 170万円
開業資金目安 260万円~550万円 260.1万円~
435.1万円
507.6万円~
802.1万円
加盟金 100万円~200万円 100万円~250万円 100万円
※オープン時の応援サポート含む
研修費50万円
※OJT・立ち上げ支援含む
25万円~50万円 30万円
本部への月々の支払い
(ロイヤリティ)
売上の5% 10万円~17万円 2万円
※ブランド使用料
年間営業利益目安 1,710万円 1,596万円
~1,680万円
1,776万円

※「からあげ フランチャイズ」とGoogle検索し上位に表示されたサイト(27社)の中から、サポート体制(物件探し、店舗設計、調理研修、接客研修、施工管理、運営サポート)が整っているFC本部を紹介しています。(2020年11月時点)
※参考:各公式サイトの他に、フランチャイズの窓口、フランチャイズ比較ネット、フランチャイズビズ、アントレフランチャイズショー2021公式サイトを調査しました。また、参考サイトに記載のない情報につきましては、電話で再調査を試みました。(2020年11月19日時点)
※年間営業利益は月間150万円を統一の金額として利用し、各社ロイヤリティを引いた金額を試算しています。
※開業する地域の地価や店舗の状態により、開業資金の金額は大きく変わります。ここで紹介している開業資金は、あくまでもFC本部が公開している目安の金額となりますので、詳しくは各FC本部にお問い合せください。消費税が含まれるか否かについては記載がありませんでした。